ここでは、苗掘りから収穫・そして出荷などのいぐさが出来上がるまでの過程や、畳表の見分け方その他について、色々とご紹介します。

| いぐさ・畳表のできるまで | いぐさ・畳表のいろいろ | 畳表の見分け方 |


 

1. 苗堀り

8月に畑(苗床)に植え付けられた苗を掘り出し水田苗床へ植付け育苗します。それを11月下旬に掘り出し、本田植え付け株用に根切り、株分けの調整をします。
 
2. 植え付け

調整された苗は、12月上旬からいぐさ移植機で植え付けます。
 

3. 先刈り

5月上旬ごろ、根元まで日光が当たるよういぐさの先端を刈り払って、新芽の発芽を促します。(収穫45日前頃に出る芽が長くて高品質のいぐさになります)
 
4. 収穫

6月下旬から7月中旬にかけ、成育の良い充実したいぐさを刈り取ります。刈り取り時間帯は気温が高くない、早朝や夕方です。
 

5. 泥染め

刈り取られたいぐさは、その日のうちにいぐさ独特の色、香り、光沢を出すため、天然染土を使って泥染めを行ないます。その後、乾燥機で乾燥させます。
 
6. 製織

乾燥されたいぐさは、長さごとに選別し、傷、太さのチェックをして一枚一枚畳表に織り上げていきます。
 

7. 仕上げ

製織された畳表は、一枚一枚織り傷がないかなどをチェックする仕上げを行ないます。
 
8. 出荷

製品に対する責任表示を明確にするために、生産者番号を表示するステッカーをつけて、全国に出荷されています。




◆ 茎の太さの比較

上部 ひのみどり・・・直径約1.1mm
下部 岡山3号・・・直径約1.35mm

◆ 原草

一枚の畳表には、約4,000本から7,000
本のいぐさが使用されます。

写真上から:
下級品(97cm以上のいぐさ)
中級品(110cm以上のいぐさ)
上級品三種用(120cm以上のいぐさ)
上級品一種用(130cm以上のいぐさ)
最上級品(140cm以上のいぐさ)


◆ 経糸(たて糸)

経糸(たて糸)には、マニラ麻糸、麻糸、綿糸、化繊系があります。

写真上から:
マニラ麻・ジュート麻経糸
麻経糸
綿経糸


◆ 県証糸

熊本県産畳表には証明として「県証糸」が
入っています 。

写真左から:
麻糸(りんどう色)
綿糸(いちょうりんどう色)

◆ JAS表示

JAS表示は、信頼できる製品の印です。「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づく畳表の格付表示です。種類ごとに品位、幅、長さ、たて糸の本数、重量、たて糸の種類及び強度等で格付けされています。熊本産畳表のJAS製品は、熊本県が責任を持って格付けしておりますので安心です。




上質の畳表にはへりの部分と真ん中の部分に色の差がないものです。このため長いいぐさを利用し経糸(たて糸)も綿糸より麻糸が高級とされています。

◆ JAS表示

高品質の畳表をお届けするため、厳しい検査を受けています。検査に合格した畳表には検印が押され、品質を保証します。

◆ 最上級

変色したい草の混入がなく、畳表面全体の色調が特に良好で「特等」の格付がなされている畳表です。

◆ 中級品

110cm以上のよい草を使用し、経糸は麻糸並びに錦糸で織ります。1枚1.5kg以上の重さがあります。折り込み密度、色調とともにおおむね良好です。

◆ 下級品

変色い草か元白があり、色調等で、「3等」に格付されている畳表です。


△ページトップへ